ブログ

徒然な雑記の記事一覧

自主ロケハンで見つけた工場跡地

2019年03月07日 - 13:05

雨も多くなってきて撮影本番も見送られる日は自主ロケハン敢行。
もともと印刷工場だった場所を取引先の担当者が紹介してくれることになったので
ロケハンに行ってきました。間違いなくロケ使用頻度は低そうですが
監禁されたり、悪役なキャラのおじさんたちが、なんやしらんがややこしい話をするには雰囲気あるかも、といったロケ地です。

DSC01349.JPG
天井はそれほど高くないのでライティングスペースは
かなり限られますが、ちょっと変わった位置に窓があるので晴天時ですと
光のラインが面白いかも。曇天時には外からライティングしたいところですが
2階ということでもあるので今後地上にハイライダー配車が可能か探ってみようと思う。
DSC01362.JPG

東京23区内にあるため立地的にはいいのですが、使用できるとすると土日祝日限定になりそうな感じでスケジュール調整が大変かもしれません。
DSC01345.JPG

DSC01353.JPG


珍しく神奈川県の海

2018年08月10日 - 23:38

先日、見知らぬ人物(Aさんとしておきます)から「私どもの別荘をアルチザンのマネジメントロケ地として活用できますか?」と質問された。
10代後半からこの業界(最初は映画の制作部)に入って、ロケ地は自分の足で探すものと叩きこまれて、色んな所を走り回ったり
探偵のように人に聞きに行ったり、書籍などから調査したり、ネット検索したりとロケ地は自ら探し続けてきましたが、
ここ最近、文頭にあるようなAさんのような見知らぬ人が弊社のホームページを見て電話やメールで問い合わせをしてくるケースが
増えました。本当にうれしい限りです。(ただしロケ地によっては機材搬入が非常に困難であったり、近隣住民に迷惑がかかりそう、といった
理由から見送らせていただいているときもあります)

そして、Aさんの別荘を早速ロケハンに訪問させていただきました。まだマネジメント契約が成立していないので
家屋内をお見せすることができないのですが、テラスデッキから見える海の景色だけ公開させていただきます。
私にしては珍しく神奈川県の海沿いの物件です。
DSC00323.JPG

海からの風が心地よく快適なロケハンをさせていただきました。
契約が無事成立できたら報告させていただきます。

2018年8月2日 社用車ギブアップ

2018年08月03日 - 17:57

ロケコーディネーターの車としては、わが社の車は都心部を走る車としてはオーバースペックであり、そして従業員の方々が乗りたがらない巨体とコツのいるハンドルさばきが必要な古い車であります。ただ、どこでも行けるので安心感はあるのでなかなか手放せない相棒となっています。そんな相棒が安穏とした場所である代々木公園駐車場でまさかの走行不能状態に陥る。泥沼、林道、プール状態の水たまり、と悪路を走破してくれた相棒も電源が入らんとエンジンが爆発しないという根本的な問題にてギブアップ。充電機能がほぼ不能となり、辛うじてため込んだ充電池の余力だけを頼りに知り合いの車屋さんに直行。バッテリーを消費したくないのでエアコンストップしてのこの夏の走行、これはきつかった。DSC00318.JPG

DSC00317.JPG

スタッフ3人揃えばランチは事務所で自炊

2016年09月27日 - 19:13

弊社スタッフは現在3人ですが、3人ともに事務所での作業の日はランチを自炊しています。その食卓テーブルが先日ようやく完成しました。塗装も半分状態やサンドペーパーがけ中途半端状態が長らく続きましたがようやく完成。次回メニューはサンマの塩焼き定食。
P1220193.jpg

調理道具はカヌーや釣りにて外で鍛えられた面々。
P1220195.jpg

食後のコーヒードリップ用、野外活動での焚き火の直火にさらされてこげこげ。
P1220196.jpg

お米の保存箱。実家の京都のお爺ちゃんがお茶屋を営んでいた影響から、こいつを選択。
各スタッフのマイライスをこの中に収納。
P1220198.jpg

こんな事が出来るのは事務所の近所に、スーパーマーケットより低価格の野菜を売ってくれる八百屋があるからなんです。

北鎌倉に魅力的な日本家屋

2016年06月30日 - 19:59

アルチザンではロケコーディネートの仕事以外にマネージメントスペースという業態があります。
ハウススタジオのように使用できるロケセットを提供するサービスです。
この仕事をやってみたいという人物(Tさん)が先日入社しました。
そのようなタイミングにマネージメントスペースとして提供していただける日本家屋の
オーナーからロケ地提供のお誘いがあったので早速Tさんと一緒にロケハンに行ってきました。
敷地に入ろうとすると期待できそうな縁側が目に入る。
オーナー様が出てきて名刺交換やら挨拶をして、会話をしていますが
私の目は縁側方向に釘づけ。
DSC09362.jpg

家の中へ案内される。
DSC09377.jpg

家の中から縁側の外の世界を見た写真、オーナー曰く雨の日が格別らしい、雨音と艶やかな緑が自然の中に包まれている感覚になるそうです。
DSC09410.jpg


さらに別の建屋も案内してもらう。見所は満載、これら詳細は近日中にマネージメントスペースとして公開させていただきます。
DSC09338.jpg

新人Tさんも私も魅力的なロケ地にやや興奮気味にロケハンしていた1日でした。