ブログ

食事処の記事一覧

うちのハウスタジオの近所の地魚料理屋「四季」

2013年07月10日 - 13:56

DSC03619.jpg

うちのハウススタジオ「スペースA」と「スペースB」の近所(といっても30分車で移動)に地魚を丁寧に料理していただけるお店があることを知り、行ってきました。カウンターに座っていると女将さんが糠床から何やら取り出した、あまり見慣れないが白桃である、白桃の糠漬けです。きゅうりやなすびの糠漬けもおいしいのですが、この白桃の漬物は発酵酸の酸味と桃本来の甘みが混ざり合って、ご飯が進むというより酒が進みそうです。一気に食べてしまった姿を女将さんは見逃さなかった。お代わりを出していただけました。もちろん時期によって漬けるものは変わるので今度行くときは何が漬かっているのか楽しみです。

DSC03620.jpg

メインディッシュのめし。この刺身たちの下には地元のいすみ米(甘みがあります)が敷かれていて、その上には近所で採れた青のりが載っています。青のりというとよくお好み焼きにかけるパウダー状を想像しますが、ここの青のりは近所のおばちゃんたちが丁寧に海で採取したものをA4サイズの長方形で厚み1ミリぐらいでしょうか、そんな形状に拵えて1枚板になっています。これを直火に4~5往復ほどさらします。その青のりがいい塩梅に切られて米の上に載ってその上に刺身がてんこ盛りです。近所の漁師さんから仕入れる魚も新鮮で、米、海苔と醤油にびしっとはまって文句なしでした。女将さんの料理についての話も丁寧で、そして何よりも地元を愛していらっしゃる。その姿勢が店の雰囲気と料理に出ていたと思っています。ときおり奥の厨房から威勢のいい大将の声が聞こえるのですが、それも海の近くの料理屋という感じのBGMで良かったです。

店名:「四季」
住所:千葉県いすみ市小池221-1
定休日:月曜日
営業時間:11時~14時 / 17時~21時
駐車場:マイクロバスも駐車可能です

3間を抜ける和室もあります。
さらにテーブル席とカウンター席があります。


DSC03625.JPG

2回目の紹介。他にあるのだろうか、端っこがカリッとした生地のワッフル

2013年05月08日 - 15:13

DSC09027.JPG

ワッフルについてですが、それほどたくさんの店で食べたことはないのでえらそうなことは書けないのですが、この写真のお店「夏cafe」さんのワッフルは他店とは明らかに異なった食感で、そしておいしいので2回目の紹介ではありますが、おすすめしたいのでなんぼでも紹介します。
どんな食感かというと外皮がカリカリなんです。ナイフを入れようとするとはねかえそうとするような硬さ、さらに押すとカリッと割れ目が生まれてスッとナイフが入ります。そしてこのカリカリの部分がこうばしい甘さが備わっているのです。他店では、なんかこう気の抜けた味のワッフルが多いのですがもっとも最初に舌や歯にふれる外皮に独特の主張と旨さがあるので、一口目でやられます。
失礼とは思いながら独特の食感について聞いてみたところオーナーは正直に説明してくれました。気になる方は行ってみて聞いてみてください。きっと優しい目で説明してくれるはずです。

九十九里浜に近いので海水浴でたっぷりと塩が口に入った後に甘さを求めて転がり込むとちょうどいいかもしれません。

店名:「夏cafe」
住所:千葉県長生郡一宮町東浪見2606-10
定休日:月曜日と火曜日と水曜日
営業時間:11時00分~19時00分(ラストオーダーは18時30分)

下の写真はメニュー表です。
DSC09031.JPG

千葉県のたこ焼き屋「たこちゅう」はほんまもん

2013年04月12日 - 07:41

関西出身者(高橋)としては関東でよく見かける「大阪風・・・・」と名を飾るたこ焼き屋さんに裏切られ続けてきましたが、やっとほんまもんを発見しました。
「たこちゅう」というお店です。千葉県にのみ4店舗を構えるこのたこちゅう、なかでも大原店はうちのハウススタジオスペースAの近所でもあるので、作業後の帰宅の際に帰り道とは反対にあるのですがどうしても食べたくなるのでついつい遠回りして食べています。
お店の方に聞いたところ、大阪でやっていたという実績もあられるようで関西人としては安心、さらに突っ込んでいろいろ聞いてみたところ作り置きはしないようで注文してから焼き始めるという凝りよう。凝った作り方は完成度ににじみ出ています。外かりかり口あたりふわふわ中身とろとろとはよく表現されますが、たこちゅうはその通りになっています。ためしに大阪のたこ焼きを食べ歩いた経験のある家族に食べさせたところ満足しきりで、以降千葉県に行くときは「たこちゅう」行こうと要求されることになった、自分も行きたい口なのでもちろん行きます。話が長くなってきたのでここらで写真を挿入しておきます。
DSC08646.JPG
このように舟に乗っています。発砲スチロールやポリより、やはりこれでしょう。
そんな、ある日もしや家族だけの自己満足ではないかと思い立ち、他人にも反応を聞きたくなり、西日本出身者に食べてもらったところ、納得してくれた。さらに本場大阪人にも食べてもらった、彼はあっという間に平らげて満足な表情で爪楊枝を加えている、説明いらずな顔つきだった。ぜひ東京にも出店を願いたいところだが千葉県に行くときの楽しみにもなるのでそのままそのまま、丁寧にお仕事やってください。
撮影関係者の方々へ、九十九里の海をロケハンしてその流れで勝浦方面へ向かうなんていうプレロケハンやスタッフロケハンの時に大原店が道中にありますので是非立ち寄ってみてください。写真は大原店です。
DSC08650.JPG
私はたこ焼きに関してはドノーマルが一番やと思て買ってますので写真はノーマルのたこ焼きです、まずはこれやと思いますで。
DSC08645.JPG
複数店舗(千葉県内4店舗、2013年4月時点)がありますので以下に公式ホームページのURLを挿入しておきます。このホームページに書かれている言葉に
「あたりまえのことが一番奥が深い」とあります。自身の仕事に置き換えてあたりまえのことをきちんとやっていこうと思います。Mさんありがとう、そして頑張ってください。(Mさんとはこのブログ掲載を許可してくれたお店の方です)

たこちゅう公式ホームページURL
http://www.tacochu-u.com/index.html

千葉県いすみ市でスタッフロケハンの際の食事処

2013年04月04日 - 18:02

外房のいすみ市付近をスタッフロケハン中に食事となった時にお勧めしたいお店の紹介です。この界隈をロケハンしていると道中は海が視界に見えるので魚系の料理をスタッフは期待するはずです、そこで今回は魚のおいしいお店を紹介します。
マイクロバスも収容可能な駐車場もあり、座敷席もありますので10名前後のスタッフロケハン時の食事の際に重宝します。近所にうちのハウススタジオがあるのですが、その近所の地元の食通もお勧めしているので間違いありません。本当に魚をおいしくいただけます。先日伺った時はお客さんがいっぱいいたので写真は外観の玄関のみです。片岡さん(店の主人)今度は料理を撮らせてください。前もって連絡しますね。そんなこともあってお店のホームページURLを下記に挿入しておきます。
近所にはたくさん魚系の店がありますが、何軒も実食しましたがマイベスト(高橋)です。
DSC08614.JPG

店名:「いけす料理あき」
住所:千葉県いすみ市岬町江場土4481
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は営業)
営業時間:11時30分~14時00分(オーダーストップ)
       17時00分~20時30分(オーダーストップ)

ホームページ:http://www.isuminavi.jp/ikesuryoriaki/

千葉県長生郡一宮町付近でプレロケハンの際の昼食

2012年06月18日 - 19:21

一宮町周辺を一人でプレロケハンしている時に是非お勧めしたいカレー屋さんです、インド風だ何風だというようなカテゴライズしにくい、この店流のカレーです。多分それは隠し味にあると思います。その食材は行った際にオーナーに聞いてください、食後に聞いた方がいいかもしれません、先入観が余計な邪魔をしそうだからです。スタッフロケハン時でも十分なキャパとマイクロバスも収容可能な駐車場はありますが大人数で行くよりも単独でロケハンしている最中にふらりと入って食べるほうがいい気がします。それは一杯のカレーを丁寧に作るオーナーの姿勢を見ているとドドドドドっとスタッフロケハンの時のあの一気に大勢で入る雰囲気は合わない気がするからです。そしてオーナーの穏やかな笑顔がいいんです。そして真面目、手抜きしない意気込み、伝わってきます。

店名:「夏cafe」
住所:千葉県長生郡一宮町東浪見2606-10
定休日:月曜日と火曜日と水曜日
営業時間:11時00分~19時00分(ラストオーダーは18時30分)

まずは車で走っていると視界に入る看板、国道128号線を北上していると左手に見えてきます。
DSC07414.jpg

駐車場はこんな感じです
DSC07415.jpg

店を正面に見たところ
DSC07416.jpg

これはカウンター席です、テーブル席もあります
DSC07421.jpg

これはポークカレーです。
DSC07425.jpg

そして食後のワッフルなんですが、生地から自家製で作っていることもあり、食感が他店で食べるようなワッフルとは違います。
ふわふわでカリカリ、このカリカリ感が独特です。
DSC07427.jpg