ブログ

珍しく神奈川県の海

2018年08月10日 - 23:38

先日、見知らぬ人物(Aさんとしておきます)から「私どもの別荘をアルチザンのマネジメントロケ地として活用できますか?」と質問された。
10代後半からこの業界(最初は映画の制作部)に入って、ロケ地は自分の足で探すものと叩きこまれて、色んな所を走り回ったり
探偵のように人に聞きに行ったり、書籍などから調査したり、ネット検索したりとロケ地は自ら探し続けてきましたが、
ここ最近、文頭にあるようなAさんのような見知らぬ人が弊社のホームページを見て電話やメールで問い合わせをしてくるケースが
増えました。本当にうれしい限りです。(ただしロケ地によっては機材搬入が非常に困難であったり、近隣住民に迷惑がかかりそう、といった
理由から見送らせていただいているときもあります)

そして、Aさんの別荘を早速ロケハンに訪問させていただきました。まだマネジメント契約が成立していないので
家屋内をお見せすることができないのですが、テラスデッキから見える海の景色だけ公開させていただきます。
私にしては珍しく神奈川県の海沿いの物件です。
DSC00323.JPG

海からの風が心地よく快適なロケハンをさせていただきました。
契約が無事成立できたら報告させていただきます。

2018年8月2日 社用車ギブアップ

2018年08月03日 - 17:57

ロケコーディネーターの車としては、わが社の車は都心部を走る車としてはオーバースペックであり、そして従業員の方々が乗りたがらない巨体とコツのいるハンドルさばきが必要な古い車であります。ただ、どこでも行けるので安心感はあるのでなかなか手放せない相棒となっています。そんな相棒が安穏とした場所である代々木公園駐車場でまさかの走行不能状態に陥る。泥沼、林道、プール状態の水たまり、と悪路を走破してくれた相棒も電源が入らんとエンジンが爆発しないという根本的な問題にてギブアップ。充電機能がほぼ不能となり、辛うじてため込んだ充電池の余力だけを頼りに知り合いの車屋さんに直行。バッテリーを消費したくないのでエアコンストップしてのこの夏の走行、これはきつかった。DSC00318.JPG

DSC00317.JPG

2018年8月1日 毎日が屋上、本日は山櫻さん

2018年08月03日 - 08:43

ここ最近毎日屋上でのロケハンや撮影が入っております。私はまったく高所恐怖症の気配はないので屋上での作業はあまり怖さを感じないのですが、こちらのロケ地施設側の担当者の方は、どうやら高所が苦手なようで私よりも少し離れた位置で静観しています。確かに一歩間違うとアウトなので屋上ロケは慎重に、そして過信せず計画することに越したことは無い、人間だけでなく撮影機材類の物に対しても慎重に配置計画を進めないとカポック1枚でも下の道路に落ちたら大問題になるのであります。ロケ地を継続して使用させていただけるように安全対策は徹底することにします。

さてここは弊社のマネジメントスペースの山櫻さんの屋上ですが、ここには屋上に草地花壇部分があります。この草地をきっかけにロケ地として選ばれることもあれば、これが邪魔で決まらないこともあります。
2.jpg

草地を前進すると見えてくるのがビル群
1.jpg

そして今回紹介したいのは上の写真の下手側に見える壁の上段の空間です。屋上のさらに、その上になります。以下の写真のようになっております。
もちろん撮影使用可能です。
20180801_011436604_iOS.jpg20180801_011518102_iOS.jpg20180801_011513732_iOS.jpg20180801_011349369_iOS.jpg20180801_011254428_iOS.jpg20180801_011116053_iOS.jpg20180801_011241318_iOS.jpg20180801_011246088_iOS.jpg20180801_011239550_iOS.jpg20180801_011220136_iOS.jpg20180801_011130332_iOS.jpg20180801_011154450_iOS.jpg20180801_011121425_iOS.jpg20180801_011151681_iOS.jpg

足立区マンション、夏の夕方

2018年07月30日 - 20:28

夕方の足立区マンションの写真をアップします。
20180730_091231443_iOS.jpg

落ちていく夕陽方向
20180730_091244050_iOS.jpg

また別の角度では
20180730_091617022_iOS.jpg

20180730_091620657_iOS.jpg

規模によっては撮影許可対応可能なマンションの敷地の写真も何枚かアップ
20180730_083526995_iOS.jpg

20180730_083548842_iOS.jpg

20180730_083611427_iOS.jpg

20180730_083839227_iOS.jpg

20180730_083857136_iOS.jpg

自主トレロケハン、千葉県の住宅街

2018年01月31日 - 16:10

ロケハン車両が故障したため千葉県の修理屋さんに車を預ける。
「すぐに直します」ということだったので代車を借りずに
修理が仕上がる迄、待つことに。
この待ち時間を活かして付近の住宅街を
自主トレロケハンをすることにしました。
以下その時の写真です。

写真1
なんか各戸の家の壁や植木が高いからか閉鎖的で温かみが無い
DSC04130.JPG

写真2
写真1の寄り
DSC04131.JPG

写真3、4
抜けの木立が住宅街感を消しているような気がするのでボツ
DSC04132.JPG

DSC04133.JPG

写真5、6
写真3、4の切り返し
DSC04135.JPGDSC04134.JPG

写真7~13
ここはいい感じな気がする。地面にラインなどが引かれていないのも好感触。いや、しかし、抜けのでかい家があまりに立派すぎるかも。
DSC04136.JPG

DSC04141.JPGDSC04140.JPGDSC04142.JPGDSC04137.JPGDSC04139.JPGDSC04138.JPG

写真14、15
切り返してはみたけれど、なんか違う
DSC04143.JPGDSC04144.JPG

写真16~19
ガードレールが無ければ
DSC04148.JPGDSC04145.JPGDSC04147.JPGDSC04146.JPG

今後のために住宅街はもっと自主トレロケハンをして、お客様の要求に瞬時にこたえられるよう
備えておこう。