ブログ

スタッフ3人揃えばランチは事務所で自炊

2016年09月27日 - 19:13

弊社スタッフは現在3人ですが、3人ともに事務所での作業の日はランチを自炊しています。その食卓テーブルが先日ようやく完成しました。塗装も半分状態やサンドペーパーがけ中途半端状態が長らく続きましたがようやく完成。次回メニューはサンマの塩焼き定食。
P1220193.jpg

調理道具はカヌーや釣りにて外で鍛えられた面々。
P1220195.jpg

食後のコーヒードリップ用、野外活動での焚き火の直火にさらされてこげこげ。
P1220196.jpg

お米の保存箱。実家の京都のお爺ちゃんがお茶屋を営んでいた影響から、こいつを選択。
各スタッフのマイライスをこの中に収納。
P1220198.jpg

こんな事が出来るのは事務所の近所に、スーパーマーケットより低価格の野菜を売ってくれる八百屋があるからなんです。

北鎌倉に魅力的な日本家屋

2016年06月30日 - 19:59

アルチザンではロケコーディネートの仕事以外にマネージメントスペースという業態があります。
ハウススタジオのように使用できるロケセットを提供するサービスです。
この仕事をやってみたいという人物(Tさん)が先日入社しました。
そのようなタイミングにマネージメントスペースとして提供していただける日本家屋の
オーナーからロケ地提供のお誘いがあったので早速Tさんと一緒にロケハンに行ってきました。
敷地に入ろうとすると期待できそうな縁側が目に入る。
オーナー様が出てきて名刺交換やら挨拶をして、会話をしていますが
私の目は縁側方向に釘づけ。
DSC09362.jpg

家の中へ案内される。
DSC09377.jpg

家の中から縁側の外の世界を見た写真、オーナー曰く雨の日が格別らしい、雨音と艶やかな緑が自然の中に包まれている感覚になるそうです。
DSC09410.jpg


さらに別の建屋も案内してもらう。見所は満載、これら詳細は近日中にマネージメントスペースとして公開させていただきます。
DSC09338.jpg

新人Tさんも私も魅力的なロケ地にやや興奮気味にロケハンしていた1日でした。

2016年6月時点の高橋ロケハン道具

2016年06月27日 - 17:47

いつもカバンの中に入れている道具を新人スタッフに説明した時の写真。少し前まではここに道路地図、方位磁石が入っていたのですが、それらはiPadやiPhone に収納済みです。インターネットが無かった頃はタウンページを持ち歩いていた時期もありました。そう考えるとデジタルの恩恵で、以前よりかなり軽量化されています。私も肩や首のこりがなくなりました。
image.jpeg

アルチザン管理ハウススタジオ「スペースA」のお隣さん

2015年01月30日 - 16:53

当方でスタジオ運営の管理をさせてもらっている建物「スペースA」のお隣さんをロケハンさせてもらいました。

外観はこのような感じです。目の前は外房のパワフルな海が広がります。
DSC00455.jpg

DSC00454.jpg

暖房器具はこのストーブ。
DSC00473.jpg

ストーブの上のやかん、いちいち気になる物たち、このやかんも気になる。あまり見かけない形状。そしてそれがただの飾りではなく使い倒している感じがいい。
DSC00460.jpg

生活道具たち
DSC00472.jpg

常に海を感じる大きな窓、ここで暮らすことで家人たちは海のパワーを吸収しているはず、それは彼らと話をしていると感じます。
DSC00465.jpg

その家人により、この家で拵えられた物の数々
DSC00491.jpg

DSC00492.jpg

太陽のパワーも吸収
DSC00497.jpg

失敗は成功の基
DSC00506.jpg

今度は何を拵えるのか
DSC00518.jpg

この家から何を見て、どこに飛翔するのか気になる関西人の兄貴がここの家人
DSC00532.jpg

ロケ地紹介のつもりが物が面白いのでディティール写真しか撮れていないことが発覚、全体の引き画を見たい方のために以前の紹介記事をここでURL挿入しておきます。クリックすれば紹介ページが表示されます。
http://www.artisan-location.com/library/bui/ocean-view/000111.html

管理ロケ地近所のカレー屋のワッフルが外はカリカリ中はふわ。

2014年11月23日 - 16:24

もう何度も紹介させてもらっていますが、やはりおいしいので何度も紹介します。千葉県外房の一宮界隈にお越しの際は是非どうぞ。本日もいつも通りに店のオーナーがいい感じに対応してくれました。うちのブログではあまり大きな影響はないかと思いますが少しでも伝わればと思い書かせてもらいます。オーナーもそのことには喜んでくれているのでこれからも書かせてもらいます。
以前のブログにはカレーのことを紹介していますが本日はワッフルがメインとなります。

国道から見える看板はこんな感じです。
1411236.jpg

店内の雰囲気はこんな感じです。壁面3面に窓がありますので明るくて気持ちいいんです。
早速ワッフルを注文
1411233.jpg

非常にぽかぽかといい天気だったので、ワッフルが出来上がるまで裏の田んぼに散歩、田んぼから店を見るとこんな感じ
14112310.jpg

出てきました「チョコソースがけアイスバナナ生クリーム添え、ワッフル」これにシロップをかけて。
14112328.jpg

14112330.jpg

続けて「キャラメルソースがけバニラアイスワッフル」
14112339.jpg

14112338.jpg

ここのワッフルの特長として、外はカリッカリッで中はふわ~としているんです。このカリカリ感は粉の調合によるそうです。生地自体にもジュワーっと甘みがあります。今日はこれを食べるためだけに東京から2時間かけて来ましたが、その値打ちアリです。
スタッフロケハンで大勢で行くよりも、プレロケハンで一人で行くか、シナハンぐらいの所帯で行くのがお勧めです。
九十九里の砂浜ロケハンを終えて甘いものが欲しくなったら寄ってください。腹が減っていたらここのカレーです。

以下URLはお店のサイトです。
http://natucf.jimdo.com/