ブログ

管理ロケ地近所のカレー屋のワッフルが外はカリカリ中はふわ。

2014年11月23日 - 16:24

もう何度も紹介させてもらっていますが、やはりおいしいので何度も紹介します。千葉県外房の一宮界隈にお越しの際は是非どうぞ。本日もいつも通りに店のオーナーがいい感じに対応してくれました。うちのブログではあまり大きな影響はないかと思いますが少しでも伝わればと思い書かせてもらいます。オーナーもそのことには喜んでくれているのでこれからも書かせてもらいます。
以前のブログにはカレーのことを紹介していますが本日はワッフルがメインとなります。

国道から見える看板はこんな感じです。
1411236.jpg

店内の雰囲気はこんな感じです。壁面3面に窓がありますので明るくて気持ちいいんです。
早速ワッフルを注文
1411233.jpg

非常にぽかぽかといい天気だったので、ワッフルが出来上がるまで裏の田んぼに散歩、田んぼから店を見るとこんな感じ
14112310.jpg

出てきました「チョコソースがけアイスバナナ生クリーム添え、ワッフル」これにシロップをかけて。
14112328.jpg

14112330.jpg

続けて「キャラメルソースがけバニラアイスワッフル」
14112339.jpg

14112338.jpg

ここのワッフルの特長として、外はカリッカリッで中はふわ~としているんです。このカリカリ感は粉の調合によるそうです。生地自体にもジュワーっと甘みがあります。今日はこれを食べるためだけに東京から2時間かけて来ましたが、その値打ちアリです。
スタッフロケハンで大勢で行くよりも、プレロケハンで一人で行くか、シナハンぐらいの所帯で行くのがお勧めです。
九十九里の砂浜ロケハンを終えて甘いものが欲しくなったら寄ってください。腹が減っていたらここのカレーです。

以下URLはお店のサイトです。
http://natucf.jimdo.com/


「たこちゅう」市原店に立ち寄って

2014年04月01日 - 16:25

千葉県にのみ4店舗を構えるたこ焼き屋の「たこちゅう」さん。大原店はうちのハウススタジオ(スペースA)の近所でもあるので、よく食べに行くこともあり、以前にブログで紹介させていただきました。さて今回は市原市を紹介させていただきます。
とあるスーパーマーケットの駐車場の脇に店はあります、そう聞くとなんかどこにでもあるような肩すかしを食らうたこ焼きの味を想像してしまいがちです、初めて「たこちゅう」さんに出会った時は正直私もそう思ってのれんをくぐりました。
P1470317.JPG

実際に初めて食べたのはここの市原店さんです。たこ焼きの味にうるさい娘2人と家内とで食べましたが、家族そろって一口目から沈黙・・・・・・・。大阪で食べた味がここにあったことの発見で、食べることに熱中。中身とろとろの熱さに喋るどころではない。以前オーナーさんに取材させてもらった時に聞いたのですが、作り置きはしないようで注文してから焼き始めるという凝りよう。
P1470332.JPG

一度味を知ると待つことが苦にならない。待つ間眺めるのも焼き手の手際がいいのでこれもまた見とれる。
P1470347.JPG


オーナーは大阪での営業経験もあることで、外かりかりの中身とろとろは当たり前、たこちゅうはその通りになっています。
P1470358.JPG

是非みなさんも千葉へロケハンに来た帰り道にでも立ち寄ってください。

たこちゅう公式ホームページURL
http://www.tacochu-u.com/index.html

2014年2月20日 海と生きた街

2014年02月20日 - 19:17

小説の舞台にもなった街、そして私(アルチザン高橋)の家の近所の街を本日はロケハン。
漁業の盛んだった街です、随所に名残があって水際の街の面影がちらほらとまだ残っていました。

水際の家並み、この水面と地上の距離が近いところが水と生活していたことを想起させます、近所のおばさんに取材したところ昔はここで洗濯もしていたそうです。
DSC05478.JPG

船(といってもこの地域の船は小さなサイズ)は海から運河を上り、家の前で係留し陸に上がって家に戻る、その往時の面影
DSC05498.JPG

旧家の家の中も見学、ここは漁師の家ではなく、もともと荒物屋だったそうです。
商家は渋い。
DSC05522.JPG

銭湯建築、東京の豪華絢爛さはないけれども気取らない包容力があります。今度必ず入浴します。そして中が良ければ本格的にロケ使用交渉に入ります。
DSC05538.JPG

同じ銭湯の脇の路地
DSC05539.JPG

本当に個人的な好み、大好きな煮魚の店「かすが野」

2013年11月06日 - 15:42

これは本当に個人的な好みに偏った記事であることを先に書いておきます。幼少期から醤油に慣れ親しんでいる為、醤油を使った味付けは人それぞれに好みが違いすぎるからと注意書きをしておきます。

単独行動プレロケハンで外房のいすみ市を回っているときに急に煮魚を食べたくなったら「かすが野」さんに行くことにしている、ロケコーディネーターや制作部さんで単独、または少人数でロケハン中に煮魚を食べたくなったら一度行ってみてください。アイドルタイムもありませんので昼時を逃しても食べることができます。スタッフロケハンのような大人数では女将さんと連携を組んで電話で前もって注文することを推奨します。いきなり行くと夫婦二人でお店をやられているので迷惑をかけるかと思います。今回はご主人と女将さんに許可を得て店舗紹介をさせていただくことになりました。

到着、国道から見るとこんな感じ。
131101-115432.JPG

お店の裏に駐車場があります。マイクロバスも停めたことがあります。
131101-115521.JPG

裏口から入ります
131101-115619.JPG

座敷席のみ、この通路に沿って個室として分かれています。
131101-115859.JPG

こちらのメニューの中でも私の好物は金目鯛のあら煮定食、普通あら煮というと器にざっくりとバラバラに盛られてくるが(これはこれで好き)、ここの金目鯛のあら煮は魚の元の形を再現するかのようにあら達が整然と器にのってやってくる。さあ今日も注文しようと思ったが台風の影響で金目鯛があがっていないとのこと、そこで今回は食べやすい(箸で掴みやすい)赤魚の煮魚定食をいただくことにした。こんなメニューが揃っています。
131101-115803.JPG

赤魚の煮魚定食、こんな感じです。
131101-120752.JPG

131101-121052.JPG

この汁がたまりません。
131101-121040.JPG


店名:「かすが野」
住所:千葉県いすみ市岬町江場土2174-5
TEL:0470-87-7011
定休日:毎週火曜日
営業時間:10時30分~19時30分

スペースAの11月1日 緑状況

2013年11月06日 - 15:27

千葉県いすみ市のアルチザン管理ハウススタジオの芝生状況の写真
全て2013年11月1日に撮影

131101-095659.JPG

131101-095757.JPG

131101-100227.JPG

131101-100246.JPG

131101-100333.JPG

131101-100343.JPG

131101-100437.JPG

131101-100456.JPG

131101-100505.JPG